151022【summary】

vol.495

帰国より16日。
帰国までの日記を大量に溜め込んでいた。
そのせいなのかどうかわからないがこの日記の今後のやり方を踏まえ、やりきれない気持ちでいっぱいだったのだが、ようやく帰国日までを整理することができた。

総括をしなければ一区切りつかないだろうということで今回はこれまでの日記を振り返りながら、今後の行く末についてどのように考えているのかここで綴れたらと思う。

はなからここまでこのブログが続けられると思っていなかった100回目。何事も集中力が続かずに三日坊主になることなど当たり前だったこの自分が、ブログという些細なことを継続的に続けられたという事実にまず嬉しかった。
とんでもなく些細なことも書くことに価値がある。と実際に日記でも書いている通り、今こうして振り返ることが出来たのもこの100回が達成出来たからだと思う。

次第に公私ともに生活が落ち着いて来て実は書くことも薄くなってきたと感じていた200回目あたり。私生活での面白いことから徐々に建築に対する考えだったり仕事のことであったりと視界が広げられる余裕もでてくる。
書く特訓はこの日記を通してとても勉強になるのだが、ベトナムという環境下では読む機会が極端に少ない。日本とベトナムの建築環境の差異はあまりにも大きく、設計する上でも苦難する日々ばかりだったのを思い出す。

バイクを手に入れ行動範囲が広がったのが大きかったのだろうか、おおよそ1年が経ちはじめる300回目までにはハノイで人間関係のネットワークが出来てきて、これまで過ごすことの多かった1人の時間も誰かと共有するようになってきたのだった。人との関係性が新しい出会いをつくりだしそれが次第に広がっていく様は日記をたどっていくことでより明確に見える。
何故かそうあることを避けたかったのだが、ものすごく人との繋がりを大切にする人間だったことを知る。だから仕事場で相手とぶつかることも多く、精神的に起伏が激しくなってしまうのだった。 自分の立ち振舞が同仕様も嫌でたまらなく、稚拙だと思うこともしばしば。
そういう浮き沈みに悩まされ相手との関係を断ちきることが1番自分にとって楽だと考える時もあったが、考え方の違う多くの人と話すことが自分を特訓させる場所でもあった。

目線の方向が変わっていく時期に差し掛かる400回目 人との繋がりで生まれた個人の仕事などベトナムでの可能性が次々とめぐってきていた時期だったが、この時期から日本に帰国する決意を固めたのだった。やりたいこともまだあるし、やれることもこれからごまんとあるだろう。
ただ、ハノイに何をしにきて、何を得るのかという趣旨からすると、やはり今ここにいてもしかたがないという思いしかなかったのも事実。
満たされてしまった。

何よりやりたかったことは竹の建築についてだった。ここにきて幾つか竹のプロジェクトにも加わったし、色々教えてもらったりもしたが、結果として1つも建物は建たなかった。
だから「ベトナムで竹建築やるんじゃなかったの」といわれることもしばしば。
がむしゃらに食いついて、しがみついてまでこの竹建築について探求し建物を建てることがここにくるゴールではなくなっていたのだ。
竹建築は大好きだし、その空間を多く味わうことができたのは幸せだ。竹建築を扱う最高の環境(設計事務所)にいられたと心から思っている。
だが現実には竹建築はそこで完結しているものであり未だパビリオンや屋根部材という領域を越えられない。そう考え始めた時に悲しいくらいに竹建築への関心は薄れた。それよりも事務所で取り組んでいたlow cost house(低所得者用住宅)の方がよっぽど面白い。

一方でベトナムという開発国をこれからつくっていく一人の建築家として活動できる価値はあった。この1年半絶対に日本では経験できない事も体験出来たわけである。
更にいうとVo Trong Nghia Architectsの作品集を編集者としてつくったことこそがこれからのベトナム建築に少なからず編集者という立場ではあるが責任を果たせたと思っている。

じぶんにとっての【建築】とはなにか。
それは「住む」という当たり前のことに喜びを感じ、安心できる空間。
何も奇抜なものやおしゃれなつくるためのものでなくていい。
この世界に生きる出来る限り多くの人に安心してもらえる空間づくりを考える方がよっぽど自分には価値を感じた。そのコンテンツとしての竹でしかなかったのかもしれない。そういった意味ではこれからも自分の建築人生に竹はあってはならないものかもしれない。が、間違ってはいけないのが竹ありきの建築ではないということ。

その上でまだ現場経験が足りないのは事実。なのでどこの場所にいようが実務経験は積んでいきたいと考えている。そうして少しずつ自分自身を設計者と恥じなく言えるくらいにはならないと行けないので、尻を叩き続ける決意である。

まずは1月中の1ヶ月は休養することを決めた。
早くも設計をしたいという欲もあるのだが、一週間程静かにしてまた動き出したい。

この日記に関して言うならば、life in vietnam はこの日記をもって完結。
2月からは不定期にでも更新し続けれられるように、また楽しいことをみつけたい。

これまで多くの方によんでもらうことができたこと、心から嬉しく思います。 どうもありがとうございました。

2015.01.22

150106【back to japan】

vol.494

ハノイとのお別れ。
4つ持っていた荷物も帰りには2つに減っていた。
服のほとんどを譲り渡し、さばききれなかった様々な用品は全て同僚に強引に託した。 これで本当のお別れ。自分らしい終わり方だった。

帰る最後の最後までみっちりと予定を詰めて寂しさを感じる時間も持たないようにした。
慣れない土地がこの短期間で慣れ親しんだ土地にかわったのだ。
母国と比較するとあまりにも違いがありすぎるが、それでもここに来てよかった。

次来た時にはもう既に見たものが何も見えない世界になっているかも知れない。 それもまたひとつの楽しみ。

thanks for all the thing you gave me , vietnam

2015.01.06

150105

vol.493

バンブーバイク
ハノイに来て交通手段としてもっていたバイクと自転車。
バイクは早々に渡し先ができたのだが自転車は人の手に渡すべきか悩んだ挙句持って帰ることを決意していた。
同僚に解体を頼み、やっくんには輪行袋を頼み、友人にはその輪行袋を保管してもらうよう頼んだり…
とにかく人騒がせをした挙句、その自転車を手放すことにした。その理由はただひとつ。 竹製でできた自転車を発見してしまったから。

竹ではじまり竹で終る。
そんな明日は日本帰国日。深夜過ぎまで荷物を詰め込まなければならないのだった。

2015.01.05

150104

vol.492

年明け早々からずっと腹痛で、一週間ほど体調がすぐれないままホイアン、ダナンを過ごし本日ハノイに帰国。
体調的には悲惨だったけど、ゆっくりした時間を過ごせたおかげで病院に駆けつけることもなく回復傾向に向かった。

帰国目前のため、最後にハノイでお世話になった建築系日本人会を開催。
ここで築き上げたこの方々との関係が本当にベトナム生活の支えになった。 これから自分にできることは、好きなことをがむしゃらに続けることだと思う。 なので、この強い想いを捨てることなくどこに行ってもここで出会った方々への恩を忘れずに生きていきたい。

2015.01.04

danang beach

danang beach

150103

vol.491

ホイアン三日目。
ただし天気は荒れていて肌寒い。
中部はあったかいと思い込んでいたので少し悲しい。

My son village ミーソン村
チャンパ王国があった場所に残された遺跡を早朝4時起きで見に行く。
レンガを積み重ねてつくったそれぞれの遺跡は時代ごとに色合いを変えてそこにたっている。 古いものほど強度がある。というのも、現代の煉瓦づくりでは長い間維持できる強度ある煉瓦がつくりだせないんだとか。煉瓦についての真相は分からないが、この遺跡を眺め、時と共に変容する煉瓦のグラデーションがとても美しかった。形そのものや、歴史的な背景よりも、時間がこの遺跡をより価値のあるものにつくりだしでいる事の方に関心をもった。

日の出ツアーと思ったが、気づいた時には日が登りきっており結果的にはただの早朝ツアーだったものの、年明けにはとても有意義な1日のはじまりだった。

2015.01.03

150102

vol.490

着いてすぐにホイアンに向かう。案の定予備知識はなし。

低層の住宅が整列されていて黄色壁というのが特徴。
市内には日本橋と呼ばれる日本人がつくった橋があり、ここが一つのシンボリックな場所とされている。
その橋を渡るとずらりと並ぶお土産屋。ハノイやホーチミンでも売っているような店が並びながらもたまに神社や井戸など、かつての生活風景も感じられる。

なんだか懐かしいような、そんな空間だった。夕方のライトアップはとても幻想的でまるでテレビの中にある世界のようだった。

ここはベトナムにきたなら是非一度は足を運ぶ場所だと思う。

2015.01.02

150101【happy new year 2015】

vol.489

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

ベトナム漬けで終わった昨年に引き換え今年は日本での生活が待っている。 設計も編集もそして加えて奥さんとして成長していきたい。

そんな今日から友人らとともにダナン、ホイアンへ最後のベトナム旅行。 新ターミナルがオープンして国内線は何やらさみしげな様子。

2015.01.01

141231

vol.488

大晦日。
この短期間で最後のゲストである従兄弟との再会。
こうして度々人が訪れてくれることで自分のコーディネート力が上がっていったのか、観光らしい観光からローカルも知らない穴場スポットまで見せることができた。
こんなにも家族との時間を過ごせたのもハノイのおかげ。

最高に楽しむことのできる2014年。
気をひきしめながらも引き続き楽しい2015年にしていこう。

2014.12.31

141230

vol.487

建築ツアー後編
Diamond island 事務所の作品の中でも大好きな竹プロジェクトのひとつ。 直径32㍍の巨大竹ドームは高級レジデンシャル内につくられている。
比較的プライベートスペースにおいてあったのが正直残念。誰にでも入りやすい場所にあればもっとダイナミックにつくることができたのだろうか。
竹のプロジェクトの中でもドームの場合繋ぎ目が気になるのだが形か難しいだけに手作り感が否めなかった。
それでもやっぱり気持ちがよい空間だった。 この国でしかつくれない素晴らしい建築のひとつ。

建築ツアー番外編
Chapel cafe /a21 studio
World architecture festivalの最優秀作品となった作品。特に前情報を抑えずに夕刻に訪れたのもいけなかったのか普通のカフェ。
単一空間なので特に動線があるわけでもなく設計意図も捉えられず、この作品の何が優勝の決め手だったのかいまいち理解ができなかった。

ただ注目されている作品ということもありある程度人が集まつていた。
ベトナムで建築を学んでいる学生はこれを見て何をえて帰るのだろうか。

2014.12.30

diamond island

diamond island

chapel cafe

chapel cafe

141229

vol.486

建築ツアー前編
ホーチミンに行き、事務所の作品巡りをさせてもらえた。

Pouchen kindergarten
竣工前に一度見学をしていたのだが2年ぶりに完成後の様子を見に行くことができた。 形先行型の建築にみえるが、形態と機能がうまく合致している合理的な作品。
グリーンルーフィングも無理なくできておりファサードのコンクリートルーバーもはじめはどうかと思っていたが、緑とのつながりをきちんと作っていてマッチしている。
子供達の楽しげな様子を見ていて、この建築の中で成長できるのが本当に羨ましいと思う。 なんでこの納め方にしたのだろうという部分はあるものの、施工精度も1年半での設計経験を経た今は凄いと思えるほどコントロールされている。

この作品を見てこの事務所が好きになった2年前。出来上がった姿を見てより好きになった。
良い作品を残すことはつまり、使い手が楽しいと思える空間をつくりだすことなんだろう。学ぶことの多い作品。

Binh tanh house
この作品ほどこだわりの強いものはないだろう、というほどベトナムの建築にしてはディテールが細かい。
設計者である元パートナーの西澤氏が住まい手になっているこの住宅。
6階建てで大胆にも両壁がスライドガラスになっているため全開放が可能。 熱帯気候のホーチミンだからこそできる空間づくり。
それにしても両方向があいていることで空気の循環がされとても涼しいし居心地がよい。 こんなに面倒な家はない。
という正直者の設計者の解説をききながら見学できたのもよかった。

2014.12.29

pouchen kindergarten

pouchen kindergarten

binh tahn house

binh tahn house

141228

vol.485

久しぶりの夫婦の再会。
年末ということもあり、空港は比較的混んでいた。いまかいまかと待ち構えるのもこれで最後。

離れていたのに日々の会話のおかげもあってそんなに寂しくはなかったものの、やはりバーチャルよりリアルの方が断然安心するのだと再確認。

残り一週間は夫婦での弾丸ベトナム巡り。

ハノイに着いばかりの夫を早々にホーチミンへ連れ出すの妻だった。

2014.12.28

141227

vol.484

久しぶりの出勤。
残りの仕事を片付けにいったが、久しぶりにあう同僚たちが既に懐かしくなっていた。 午後から定時までなんだかんだかかってしまったが、仕事もひと段落したので安心だ。

夜は87年による送別会。
ここ半年で一番お世話になった仲間との最後の時間。
こんなにも短期間で仲良くなれたのも嬉しいが、異業種の人々とここまで関わる機会は日本でもなかったのでそれが貴重だった。結局くだらなく無意味な話に尽きるのだが、そんな時間もハノイにいるからこそなのかもしれない。

きっとまた日本で。
そういえる人達に出会えてよかった。

2014.12.27

141226

vol.483

1日車をチャーターしてハノイ周辺の村散策へ。あいにくの天気の中で少しどんよりした空。そして雨。

1.陶器の村:バッチャン
来て二度目になるのだが、前回はツアーだったので決められた場所しか見れなかったが、今回は店だけでなく市場も見に行くことができた。
雨だったので歩くのは少し大変だったが、山ほどある陶器の店の中でもツアー会社と提携している店とそうでない店とで、倍も値段か違うのには驚いた。事前に来ていたおかげもあり比較的安く土産を手に入れることができた。

2.版画の村:ドンホー
観光客向けに作られている雰囲気はあまりなく、村に入ると1箇所伝統住宅がある。
この昔ながらの家の中に土産が並べられているのだが、派手派手しく観光客向けに仕上がっているわけではないため雰囲気だけでも素敵な場所だった。
特別何かを買ったわけではないが、村にいる女性に版画のデモをみせてもらい楽しめた。

3.シルクの村:ヴァンフック
順調に村を周り最後の村。
シルク織りの村として有名で観光するにも区画がしっかりしており整備されている。買い物もしやすければ車を制限しているのか歩き回りやすい。
ひたすら市内での販売価格より安いことに驚きお土産を買う。 織り機が稼働している工場では数台がリズムやく音を奏でいて楽しめる。 市内から30分くらいの場所にこんな場所があることをこれまで知らなかった。

この旅で見てこれなかったハノイの場所をいくつも巡ることができた。

2014.12.26

141225【merry xmas】

vol.482

ハノイ出迎える2度目のクリスマス。そして迎える結婚後2度目、旦那29歳の誕生日。

そんなめでたい日にチャンアン、ホアルーツアーへ。
以前訪れたここが実は相当気に入っていた。正直ハロン湾よりも楽しめる。(少なくとも日帰りハロン湾より確実にチャンアンに行った方が得だと思う。)

穏やかな天気の中あまり観光客も周りにいなかったので大自然を独り占め。
手漕ぎボートの漕ぐ音と周りの動物たちの鳴き声、そして自然を感じられる気持ちの良い臭い。 最高の癒しスポットなのだ。

何度もいうがこんな大自然を間近で感じられる場所は日本の都会に住んでいてまずない。
時間を感じさせないこの場所で走馬灯のようにすぎていったこの1年半をゆっくりと振り返りながらのんびりできた。

昔のベトナムの都、ホアルーは現在施設が工事中だった。残念だった反面、こういう瞬間に出くわすのもまた貴重。改修工事が完成した時にまた見に来る事があればそれはそれで楽しみである。

2014.12.25

141224

vol.481

クリスマスイブ。
クリスマスの習慣のないハノイに素敵なプレゼント。 義母が遊びに来てくれた。

ついて早々街を散策していたのだが、イブなのもあって旧市街は異様な混雑を見せていた。 ホアンキエム湖周辺の道路はどこもバイクと車でびっしり。歩行者用通路もほとんど人だかり。 こんなに人が集うことがあったのかと在住者ながら驚きながらバイクやタクシーよりも速い速度で道を駆け抜けた。

はじめてみた水上劇場も意外にも面白くて驚いた。こんなハノイにも面白いものがあっただなんて。
来てから今まで仕事ばかりだったので、こうした最後の時間をゆつくりハノイ観光に使えてよかった。

2014.12.24

141223

vol.480

意外にも風は落ち着いていて朝食を済ませ皆で散歩に出かける。

このニャチャン旅行中はやたらとホテル内の施設のひとつ、キッズルームにはまった3歳児がホテルから出たがらなかった。それもあってニャチャンらしい記憶がないのではと少し寂しかった。

ただ海辺に出て波の瀬戸際で遊び始めたらやたらと大盛り上がり。
こんなにも楽しめるものかというくらい家族みんなではしゃぎまくる。

やっぱりビーチはこうでなくっちゃ。

最後には自ら下着姿になった3歳児と、抱っこ紐の中でどんなにはしゃいでも寝続けた9ヶ月の乳児。

子供と過ごすハノイもなかなか大変だったが、とても貴重な思い出となった。

2014.12.23

141222

vol.479

初めてのニャチャン。
何だかんだここにいてベトナム国内ではハノイから出たことのなかった私。 ビーチリゾートに夢を膨らませながら向かう。
着いて外を見るとどんよりとした空に小雨、そして荒れてるかのように吹き荒れる風。 ここはどこだ。

自分の想像していたニャチャンとは到底かけ離れた雰囲気で出迎えてくれた。

空港から走ること45分。目的地のホテルに到着。泊まったのはインターコンチネンタルだったのだが、これがなんとも豪華なホテル。
海辺を見渡せる最高のロケーション。

が、どんより雲。

何だか初日からかなしげな気持ちになりながらもホテルの抜群の雰囲気のおかげでカバーされたのだった。

ホテルでガイドブックを見たら、小さく[1月は風が強い]と書いてあった。
さて、どうなるニャチャン。

2014.12.22

141221

vol.478

甥っ子たちとの旅。案の定ベトナム料理にはあまり関心がないよう。
買い物嫌いな長男は市内観光をするもあまり楽しんでおらず、さらに買う物は特別ないし、遊び場も少ない。 それでも唯一喜んでくれたのが指にのっかるトンボのおもちゃ。
至ってシンプルなこのおもちゃがハノイ滞在先のホテルにあったのがきっかけで、それでひたすら楽しんでくれていた。
ハノイにも面白いのものがあったのだった。

2014.12.21

141220

vol.477

さて、ハノイを残すところあとわずか。次々と来る家族との時間をベトナムですごすことに。 まずは姉とその子供と、そして母。

ハノイに来て何をすればよいのやら、ましてや子供がいたら余計難しい。
とりあえず手始めにハノイの動物園。実は家からとても近くにあるのが、Công viên Thủ Lệ(トゥーレ動物園)大人10.000vnd(50円)という激安価格。

そして中はというと、比較的広く地図を見ているとなかなか種類が豊富そう。
そして歩き初めてみてみると、どうやらトラと熊が好きな動物園らしくこれかま交互に現れる。 一応ケージもあるので動物園らしさはあるのだが、他にも子供が遊べる乗り物が随所随所においてあり、動物園兼劣化版遊園地なのだろう。

それなりに楽しむことができたが、自分の食べているお菓子を堂々とあげている客や、意味のわからない粘土細工のおじちゃんやら、謎の5Dcinemaだったりと突っ込みどころ満載の施設だった。

2014.12.20

141219

vol.476

退職記念 長いようで短いVo Trong Nghia Architectsでの仕事を終える。

初めての海外労働経験ではこれまでみてくることのできない世界をたくさんみせてもらった。 設計者として、
コンセプトレベルでしか関わることができないプロジェクトばかりではありやはり悔しさは残る。言葉の壁の前に建築家として自分の設計趣旨を相手に伝える事の難しさを知った。周りの仲間に学ぶことは多く、時にぶつかったりするのもじつはとても大切なことだった。違う環境で生きてきたからこそ、互いに理解し合えないこともあるんだと。とても当たり前だけど目の当たりにしないと気付けない問題。 とりあえず、これからも設計者として自分らしさに言及しながら成長していきたい。

編集者として、
正直ここまでこの事務所で編集の仕事をすることになるとは思いもよらなかった。しかもおよそ1年間も。
言い方は悪いが、辛かったし胸くそ悪くて嫌だった時期もあった。
でも同時に得意だし好きな分野でもあるのだった。
なんとももどかしい気持ちのままなんとか具体的なスケジュールにまでこぎつけた。
ここまで来るのにもちろん多くの人の手を借りたし、感謝の言葉しかない。早く出来上がったものを見てみたいし、多くの目に届けられるような状況になってくれたらと思う。

編集者としては未熟ながらこういう経験を通して自信がついた。 まだまだやりたいことはあるが、編集者として次に進むにはもっと勉強しなければいけない。時代の流れを読みながらも自分の言葉で語れる、そんな編集者にならなければならない。

こうして新たな目標を見つけることができた。ここに来たからみつけられたのだ。

お世話になった皆様に心から感謝申し上げます。

2014.12.19