151022【summary】

vol.495

帰国より16日。
帰国までの日記を大量に溜め込んでいた。
そのせいなのかどうかわからないがこの日記の今後のやり方を踏まえ、やりきれない気持ちでいっぱいだったのだが、ようやく帰国日までを整理することができた。

総括をしなければ一区切りつかないだろうということで今回はこれまでの日記を振り返りながら、今後の行く末についてどのように考えているのかここで綴れたらと思う。

はなからここまでこのブログが続けられると思っていなかった100回目。何事も集中力が続かずに三日坊主になることなど当たり前だったこの自分が、ブログという些細なことを継続的に続けられたという事実にまず嬉しかった。
とんでもなく些細なことも書くことに価値がある。と実際に日記でも書いている通り、今こうして振り返ることが出来たのもこの100回が達成出来たからだと思う。

次第に公私ともに生活が落ち着いて来て実は書くことも薄くなってきたと感じていた200回目あたり。私生活での面白いことから徐々に建築に対する考えだったり仕事のことであったりと視界が広げられる余裕もでてくる。
書く特訓はこの日記を通してとても勉強になるのだが、ベトナムという環境下では読む機会が極端に少ない。日本とベトナムの建築環境の差異はあまりにも大きく、設計する上でも苦難する日々ばかりだったのを思い出す。

バイクを手に入れ行動範囲が広がったのが大きかったのだろうか、おおよそ1年が経ちはじめる300回目までにはハノイで人間関係のネットワークが出来てきて、これまで過ごすことの多かった1人の時間も誰かと共有するようになってきたのだった。人との関係性が新しい出会いをつくりだしそれが次第に広がっていく様は日記をたどっていくことでより明確に見える。
何故かそうあることを避けたかったのだが、ものすごく人との繋がりを大切にする人間だったことを知る。だから仕事場で相手とぶつかることも多く、精神的に起伏が激しくなってしまうのだった。 自分の立ち振舞が同仕様も嫌でたまらなく、稚拙だと思うこともしばしば。
そういう浮き沈みに悩まされ相手との関係を断ちきることが1番自分にとって楽だと考える時もあったが、考え方の違う多くの人と話すことが自分を特訓させる場所でもあった。

目線の方向が変わっていく時期に差し掛かる400回目 人との繋がりで生まれた個人の仕事などベトナムでの可能性が次々とめぐってきていた時期だったが、この時期から日本に帰国する決意を固めたのだった。やりたいこともまだあるし、やれることもこれからごまんとあるだろう。
ただ、ハノイに何をしにきて、何を得るのかという趣旨からすると、やはり今ここにいてもしかたがないという思いしかなかったのも事実。
満たされてしまった。

何よりやりたかったことは竹の建築についてだった。ここにきて幾つか竹のプロジェクトにも加わったし、色々教えてもらったりもしたが、結果として1つも建物は建たなかった。
だから「ベトナムで竹建築やるんじゃなかったの」といわれることもしばしば。
がむしゃらに食いついて、しがみついてまでこの竹建築について探求し建物を建てることがここにくるゴールではなくなっていたのだ。
竹建築は大好きだし、その空間を多く味わうことができたのは幸せだ。竹建築を扱う最高の環境(設計事務所)にいられたと心から思っている。
だが現実には竹建築はそこで完結しているものであり未だパビリオンや屋根部材という領域を越えられない。そう考え始めた時に悲しいくらいに竹建築への関心は薄れた。それよりも事務所で取り組んでいたlow cost house(低所得者用住宅)の方がよっぽど面白い。

一方でベトナムという開発国をこれからつくっていく一人の建築家として活動できる価値はあった。この1年半絶対に日本では経験できない事も体験出来たわけである。
更にいうとVo Trong Nghia Architectsの作品集を編集者としてつくったことこそがこれからのベトナム建築に少なからず編集者という立場ではあるが責任を果たせたと思っている。

じぶんにとっての【建築】とはなにか。
それは「住む」という当たり前のことに喜びを感じ、安心できる空間。
何も奇抜なものやおしゃれなつくるためのものでなくていい。
この世界に生きる出来る限り多くの人に安心してもらえる空間づくりを考える方がよっぽど自分には価値を感じた。そのコンテンツとしての竹でしかなかったのかもしれない。そういった意味ではこれからも自分の建築人生に竹はあってはならないものかもしれない。が、間違ってはいけないのが竹ありきの建築ではないということ。

その上でまだ現場経験が足りないのは事実。なのでどこの場所にいようが実務経験は積んでいきたいと考えている。そうして少しずつ自分自身を設計者と恥じなく言えるくらいにはならないと行けないので、尻を叩き続ける決意である。

まずは1月中の1ヶ月は休養することを決めた。
早くも設計をしたいという欲もあるのだが、一週間程静かにしてまた動き出したい。

この日記に関して言うならば、life in vietnam はこの日記をもって完結。
2月からは不定期にでも更新し続けれられるように、また楽しいことをみつけたい。

これまで多くの方によんでもらうことができたこと、心から嬉しく思います。 どうもありがとうございました。

2015.01.22