141218

vol.475

Qua Rồi = レンブ/フトモモ(ローズアップル)/マレーフトモモ 味があまりなく、りんごや梨のような食感。

終わりが近づきつつあるベトナム生活なのに次々とでてくる新しい果物の数々。

ここで何より面白いよが果物の売り方。 天秤ばかりをつかった量り売りがおしゃれなのでみてるたけで楽しい。

時に果物はこんなところからも出てくる、ということを知る。

2014.12.18

141215

vol.472

好きな食べ物のひとつ
りんごやパパイヤなどにスパイシーな粉や砂糖をまぶした食べ物。
はじめのころは、甘いのか辛いのかわからないこの食べ物がさっぱり意味が分からなかった。 おつまみにはとても良い。
名前は Xoài dầm muối ớt = mango with salt and chili

考えると、はじめは嫌いだった食べ物にもいつの間にか抵抗なくむしろ好きになっている。確かに偏食だが、好き嫌いを克服するのも意外と難しくないのかもしれない。

2014.12.15

141124

vol.451

nước chanh = lemonade
激ハマリしている飲み物。
limeに砂糖水を加えたこの単純な飲み物に今更になってはまりだし、抑えきれずに家でもつくりはじめることにした。 自宅でつくるものと買うのでは全然味が違うのが悔しいのでひたすらどうすれば美味しくなるのか帰宅後実験している。 limeは5個で10,000vnd(50円程度)で1リットルほど飲める。そう考えると買って飲む15,000vndが馬鹿らしくなるのだが、それでも買っているあの味に近づけないのであまりおしくない出費。

日本に帰っても引き続き飲み続けたい。

2014.11.24

141014

vol.410

はじめてドミノ・ピザにいった。
出来てすでに2ヶ月以上経った気がするがいつも隣のバーガーキングにしかいっておらず、ようやくと言った感じ。

ただのピザにまた大げさだと言われるかもしない。確かにその通りなのだが、これまで夕飯レパートリーの中になかったのでここで一品加わるかどうかは自分のベトナム生活に大きな変化をもたらすのだ。(基本昼は弁当もしくはローカル、夜は自炊かバーガーキングかKFCという具合)

もちろん店内も初めて入ったのだが、相変わらず店員が多い。そして作業風景を見せるよう調理場がガラスになっていてカウンター席の場合ずっと見ていられる。 昔から百貨店などの地下の食材売り場にある調理場を見せている店舗の前で眺めるのが本当に好きだった。今でもそれは同じで、つくっている風景ほど楽しい物はないと思っている。 ここならば楽しみながら食べることもできるのでイートインしたくなる場所にもなりそうだ。

そしてなにより値段。ピザ一人用(4枚)+ドリンクで50.000vnd(250円程度)なのでローカル所員の自分にも非常にリーズナブル。味は、ドミノ・ピザなので普通に美味しい。

今日は大きい収穫だった。間違いなく殿堂入りになりそうだ。

2014.10.14

 ドミノ・ピザ

ドミノ・ピザ

141010

vol.406

久しぶりの果物投稿。
lựu ザクロ

人生で初めて生ザクロを食す。ザクロといえば赤色な上にジュースでしか飲んだことなかったので、こんな味なんだと言う感じ。
ザクロはthạch lựuともいい、「石榴」という意味らしい。ベトナムでよく見るのは白っぽい小ぶりのザクロ。食感はまるでとうもろこしを食べてるかのようにプチプチしていてこれがたまらなく美味しい。
これでいて身体によい栄養素ばかりがつまっているらしいから偏食の私にはもってこのいの食べ物。

それにしても食べたことのない食べ物が多いんだなとつくづく思う。

2014.10.10

 ざくろ

ざくろ

 中身

中身

140919

vol.385

ハイビスカスの紅茶にはまっている。
まだまだ暑いが少しずつ熱い飲み物が心地よくなってきた。

偶然知人から頂いたハイビスカスティー。 元々ハイビスカスが好きだつたので喜んでもらって帰った。
職場にもっていき試したところ飲みやすいし体にも良さそう。味はというと、甘みはなくさっぱりとしていて飲みやすい。

いつもベトナム緑茶を会社で飲んでいたのもあり、気分転換にも最適な味だった。

日本に持って帰ってシェアできるようにでどころをさがさなければ。

2014.09.19

 hibiscus teat / ハイビスカス紅茶

hibiscus teat / ハイビスカス紅茶

140811【wedding anniversary】

vol.346

結婚一周年記念。
籍を入れてそのままハノイへ飛んでから早くも1年が経った。

未だにデザインを検討している結婚指輪制作を進めるべく以前から目をつけていた都内の町工場へ見学と相談をしにいく。
自分たちの指輪のデザインを考える意欲も高まったが、ここにきたことがどんなデートよりも興奮したし勉強になった。
案内してくれた方が親身になって話を聞いてくれ工場にある機械を細かく案内してくれたのだが、本当にこういう場所で仕事が出来る事がすごく羨ましかった。どんな依頼もノーと言わずに一生懸命開発に取り組むあの工場と生涯付き合っていけたら最高に幸せなのだろう。

結婚記念日といえば夫が妻にプレゼントを送るなど、「夫→妻」という構図が見えるがそれがどうしても私には理解できない。
結婚してくれてありがとうと言われる筋合いもなければ何かを感謝されたいという気持ちは微塵もない。それが悪いとは言っているわけではなく、色々な夫婦の形があるはずなのでその中で私達なりの結婚を見つけたいのだ。

やっくんの言ってくれた言葉を借りると、互いの夢を応援しあうための「結婚」であり共に前進していくためのもの。
その経過を記念日である8月11日に振り返りながら、次の一年に向けて互いの良かった所と悪かった所を挙げていった。
私達は年に一度の結婚記念日を「家族会議の日」にしている。
ただでさえ話し合う時間が少ないので、この限られた1日を有効にするべく、何をするべきかを明らかにし整理することで自分のビジョンを確認することができる。

かしこまった言い方をしてきたが、年に一度美味しいご飯を食べながら夫婦の時間を大切にするというありきたりな記念日を祝うのが酒井家の掟。

そんな今年は南青山にあるよろにく。
東京都港区南青山6-6-22 ルナロッサ南青山B1F
TEL:03-3498-4629

2014.08.11

 factory visit / 工場見学

factory visit / 工場見学

 anniversary dinner / 記念日の食事

anniversary dinner / 記念日の食事

140721

vol.326

ハイビスカスジュース
この間街をふらついていた時に偶然出会った日本人経営のハノイの土産屋"star lotus"で発見。あまりハノイでは馴染みのなかったハイビスカスだったが、試飲したらこれがまたすごく美味しかった。
値段は50.000vnd(250円程度)と少し高めだったが、身体によさそうだったので試しに買ってみることに。ベリー系の濃厚な味わいが朝の鈍い身体を起こしてくれるので、最近は朝食代わりに飲んでいる。
買って帰りたくなるものがすくないハノイにはもってこいのお土産の一つかもしれない。このハイビスカスジュースが瓶というのだけが難点なのだが。さて、次の帰国時に持って帰るかどうか悩ましい。

star lotus / スターロータス
58 To Hien Thanh St., Hai Ba Trung Dist., Hanoi

2014.07.21

 hibiscus drink / ハイビスカスジュース

hibiscus drink / ハイビスカスジュース

140713

vol.318

昼食をJOMA BAKERY CAFEで食べる。
ハノイのどこにでもあるこのチェーン店だが、比較的外国人価格のカフェでその代わり美味しいツナメルトを食べることができた。
そんなJOMAの一店舗は知人である竹森さん(worklounge03主宰)が設計を担当したので是非見てみたいと思い足を運ぶことに。シンプルだけどなかなかハノイではみることのできないおしゃれカフェだった。ハノイのチェーン点の設計とは一体どういうものなのか、他の店舗を見たことがあったわけでもないので比較もできなかったのだが設計意図を知りたくなった。改修なのもあって動線計画がいまいち難しい点もあったがゆったりとした時間を過ごすことの出来るカフェだったので、また訪れたい。

JOMA BAKERY CAFE
address: 28 Tong Duy Tan

お腹を満たし気分を良くしたので色々走り回ることにした。相変わらずの暑さにもめげずバイクでハノイをふらふらしてみた。こんなことが平気でできるのもバイク(charlie)のおかげだろうか、しかも今週末はありがたいことに壊れることもなく安心して走り回れたのだった。

夕方はそんな昼食を食べた友人に誘ってもらいお風呂屋に行くことができた。
ハノイにきて、こんなに最高な瞬間を迎えられるとは思ってもみなかった。 87年生まれの女子3人でまったりとした時間をすごし、その後に近くで美味しいご飯の食べた。日本にいたらお風呂にはいることがこんなに幸せだとは思わなかっただろうし、美味しいご飯にありつけることにこんなに喜びを感じられることはなかっただろう。
ここにいるといつでも当たり前だったことに感謝でき、色々学ばされる。 そんなわけで月一で女子風呂会を開催することが決定されたのでそれもまた日常の楽しみの1つとなった。

はノ湯[銭湯]
address:58 To Ngoc Van St., Tay Ho
【火~金曜】16:00~23:00 (L.O.22:30)
【土・日曜】9:00~22:00 (L.O.21:30)

PéPé la Poule
Address: Số 27, ngách 50/23 Đặng Thai Mai, Quảng An, Tây Hồ

2014.07.13

 hano-yu / はノ湯

hano-yu / はノ湯

 bath with bamboo interior/ 竹のルーバーを使った風呂

bath with bamboo interior/ 竹のルーバーを使った風呂

 87 girls / 同世代女子会

87 girls / 同世代女子会

140622

vol.297

実は土曜日にさらなるイベントがあった。

タイ湖の近くに美味しいパン屋があるとベトナム人の同僚が紹介をしてくれ一緒に昼ごはんを食べに行くことに。
そこは外国人がたくさんいるエリアなので色々な外国人向けの店が並んでいる。
たまには一人でも行けば美味しいご飯が食べられるはずなのにいつも足が向かないので、こういう同僚の誘いは何が何でもいかなければという思いだった。

そしてついた先はフランス人向けのパン屋。
店に入り目の前には大量のチーズとハム。この中から好きなものを選びパンに挟んでもらうのだ。久しぶりの置いそうな食べ物に目を光らせながらも同僚にオーダーを任せて店員の仕事をずっと観察。すると作業中にハムをくれるという幸せに出くわす。

10$弱と結構ご飯にしては高い(外国人プライス)が、それに見合うだけの味だった。
ハノイはフランス人も多いのでこういうところにくるとここがどこだかわからなくなったりもして、そういう気分を味わえるのも更に良い。

テイクアウトのみの店だったので、この店で買った後タイ湖の際に勝手にベトナム人がつくったカフェエリアでお茶をしながら食べるという贅沢な時間をすごすことができた。

2014.06.22

 lots of cheese / 大量のチーズたち

lots of cheese / 大量のチーズたち

 yummy / 美味でございました

yummy / 美味でございました

140520

vol.264

弱っていると身体のみならず自然と心も弱くなるもの。
先週ダウンしてからというものの正直食べる気持ちも湧かなかった。
仕事にも行けず外にも出られず仕舞だったので、誰とも会わず1人で部屋で寝続ける日々が続き少しめげていた。

そんな病弱な私を救ってくる救世主たちがこの異国の地ハノイにもいたのだった。
まずは職場の同僚。
山本さんは同じアパートということもありいつも親切にしてくれるが、差し入れをくれたり気を使ってくれるその優しさに正直涙が出るくらい嬉しかった。何より1人じゃないんだなって安心させてくれた。
メールで病気を心配してくれているのか茶化しているのかわからない外国人スタッフのメールにも励まされた。

次に大家さん。
2階に住む大家さんに偶然病院に向かう時に出会い事情を説明してからというもの、毎日のように心配してくれた。時には食事をつくってくれて、単なる大家からハノイの母のような存在 へとなった。今この家に住む最長借主者である私としては最期までここにいることが彼女への恩返しかもしれない。

もちろん日本にいる家族にもたくさんの心配をかけてしまった。
ただでさえ心配をかけているのに、インフルエンザにまでなって申し訳ない気持ちでいっぱい。これ以上重い病気は金輪際味わいたくない。特に今のような夏真っ盛りの季節に熱は本当に相性が合わないのだから。それにしても発症源はなんだったのだろうか。

というわけで、明日から復活です。
大変迷惑をかけましたが、もう大丈夫です。休んでた分、全力で取替していきます。

2014.05.20

 lunch made by the landlord / 大家からの差し入れお昼

lunch made by the landlord / 大家からの差し入れお昼

140427

vol.241

Queen's Coffee Japan (số 7 trần quý kiên)
ここのオーナーは22歳という若さでハノイに来てクレープ屋を開いた。
経緯はしらないがクレープの作り方から経営の仕方まで素人だった彼が突然ハノイにきて店を開こうと思ったらしい。

そんな突飛な人生を送る人これまで会ったこともなかったので非常に興味深く、せっかくなので皆で朝クレープ会と題して食べに行くことにした。

ベトナム価格としては少し高いが、それでもベトナムにはここまで本格的なクレープ屋はなかなかない。 日本では当たり前の事も、ここでは全てが新鮮で貴重なものとして扱われる。 これがベトナムで何かをはじめる事の面白さなのだろうか。

2014.04.27

 crepe / クレープ

crepe / クレープ

140423

vol.237

ホアンキエム湖の付近にはアイスクリーム屋さんがある。
通り沿いの通路に入り口らしき小道があり、奥に入るとアイスクリームエリアが広がる。 4件ほど並ぶそのアイスクリームエリアはハノイでは有名なアベックたちのデートスポットなんだとか。
様々な種類があると思いきや、一店につき一種類のアイス。多分4種しかない。

それでもハノイで初めてのアイスクリーム屋。どんなものだろうか期待する。

すると目の前には既にすくわれたであろうアイスクリームがずらり。
これぞprefabricated-icecream。
やはりベトナム、どこかで必ず一癖つけてくれるから面白い。
ぜひきたら案内したい所。

2014.04.23

 employee not working at icecream shop / 働かない職員

employee not working at icecream shop / 働かない職員

140411

vol.226

とびっきりまずい食べ物を食べた。
ベトナム史上最も近づいてはいけないもの。
名前はmắm tôm (マムトム)といい、エビを塩漬けにして発酵させた紫色のペースト。
一見梅ソースかなんかだと思うが、全く想像もしていなかった味がする。
匂いは石油のような香り。美味しそうではないが、匂いがひどいからといって味も悪いと決めつけてはいけないとおもい、指を突っ込み試食。
すると、舌に付けた瞬間に吐きそうになるわ、目から涙がでてくるわで仰天な味。
こんなものをこの国の人はソースとしてかけて食べているのかと思うと引く。

それまでそこまで気にしていなかった匂いも、口にして以来近くに器があって欲しくないと思うほど。

それからの午後の仕事中の口の中の違和感といったらひどかった。

是非一度、ためしてみては。

2014.04.11

 mắm tôm /マムトム

mắm tôm /マムトム

140410

vol.225

sữa chua mít=yogurt with jackfruit(スア チュア ミ)というデザートがある。ジャックフルーツ入りいのヨーグルト
たまにおやつの時間になると皆で注文して配達してもらう。 はじめのころは何故か抵抗がありいつもヨーグルトのみを頼んでちびちび食べていた。

それが今、すっかり好きになってしまった。 中にはベトナムならでは食べることのできる盛りだくさんフルーツ。 もはや何を食べているのかさっぱりわからないけれどとりあえず甘くて美味しい。

暑くなってくると暑くて集中力も切れるからこれを食べて元気をつけるのだ。 ここにきたら必ず食べてもらいたい物の1つ。

2014.04.10

 sữa chua mít / yogurt with jackfruit 

sữa chua mít / yogurt with jackfruit 

140409

vol.224

祝日というのに家でひたすら映画を見続ける休日。
結局これが一番好きなんだ。ご飯を食べるかどうか考えても、結局あきらめてしまった。考えてる間に昼寝をしてしまったのだった。

最近良く行く昼ごはん屋さん。ハノイ在住の日本人建築家の方との食事に誘ってもらい、連れて行ってもらったのだ。 自転車で少し走るとあり、毎日同じで飽きていた昼ごはんに対し、希望が持てる場所。

日本語メニューがあるのだが、ぎこちない日本語がこれまたなんともたまらない。
餃子を食べることができ、そして結構日本人も多くくるので知り合いにもばったりあえそうな、そんな店。

2014.04.09

 japanese restaurant for lunch / 昼にくる日本料理屋

japanese restaurant for lunch / 昼にくる日本料理屋

 delicous lunch / 美味しい昼ご飯

delicous lunch / 美味しい昼ご飯

 wierd menu / 変な日本語のメニュー

wierd menu / 変な日本語のメニュー

140406

vol.221

一日一回の週末外出連続記録を未だ更新中。
そんな本日も外にでなければと重ったものの、ただ自転車に乗りたい気分ではないので水を買いにでかけることにした。
一歩外に出た瞬間、すごく晴れ晴れとした気持ちになりやはり外に出るのは心も身体にも良いのだと実感する。

ただこの時期怖いのがスコール。
突然襲い掛かってくる雨の量は尋常じゃないため, 狙って外に出ないともうシャワーを浴びて帰るような様になる。ここにきてからすでにな被害多発で、朝顔を洗う必要などあるのだろうかと思ってしまうほど。

そんな最近の週末は部屋でまったりベトナムコーヒーを飲みながら時間を過ごすことに幸せを感じている。癖の少ないこのコーヒーは臭いが甘くベトナムコーヒーらしさを感じさせるものの、味はいたって渋めで甘くないため飲みやすい。
味覚が変わってきた感じもあるけれど、少しずつ克服できる物がふえていくのは良いこと。

2014.04.06

 weekend coffee / 週末のひととき

weekend coffee / 週末のひととき

140221

 Peace / 平和

Peace / 平和

 Success / 成功

Success / 成功

 Prosperity / 繁栄

Prosperity / 繁栄

大好きなコカ・コーラが旧正月の前にこんな素敵なプレゼントをしてくれた。
缶は3種類あり、それぞれにこのような言葉が書いてある。

”An”は”平和”、”Tài”は”成功”、”Lộc”は”繁栄”
を意味し、その言葉の周りにはツバメが描かれている。
この3つの言葉はベトナムで用いられる願いを込めた3大言葉らしい。

どこの国にいても楽しみを与えて、人を幸せにしてくれる缶。 ここではペットボトルよりも缶の方が高いのだが、こういうのがあると少し払っても楽しい方を選びたくなる。

2014.02.21

140104

vol.129

ここでの朝食はもっぱらBánh Mì(バングミー)
フランスパンの様な硬いパンに野菜や肉などを詰めあわせて食べる。
これ一個で10.000vnd(50円)

ハノイで一番のこのBánh Mìを食べたいと2009年のNY timesの記事を掘り起こしていきた彼の願いを叶えるべく、昼ご飯探索に。 1つが家の近くだったのもあり、歩いて向かったものの、記事が古いのもあり潰れていた。敢え無く断念…というわけでもなく、次の候補地へタクシーで向かうことへ。

ようやく見つけたBánh Mìはありがたいことにあったのだ。ただ残念ながら理想とはかけ離れた雰囲気。屋台形式のため店内というものがあるわけでもなく…売る気もなければ客もいない。 ふっかけてきているのか、通常のBánh Mìよりも3倍程多い値段を言いつけてきた。 彼の願望を聞く余裕もなく、こんな店で食べるかと、交渉は和解することなく終わり、決別した。

仕切りなおして道を歩いていると、観光客向けだろうと思われる綺麗な店内のフルーツジュース屋に辿り着いた。嬉しい事にBánh Mìを売っていたので、そこに落ち着く。 ただBánh Mìは絶賛できる味ではなかった様子。その代わりフルーツジュースは本当に美味しかった。さすがフルーツ大国。味はばっちりな上に30.000vnd(150円)と日本と比較しても格段に安いのが嬉しい。

結論、ホーチミンのBánh Mìの方が味付けという意味でも格段に美味しいのではないか。

2014.01.04

  article from NY times / 2009年NY timesの記事

 article from NY times / 2009年NY timesの記事

140103

vol.128

家族がいる時くらいは贅沢をば。
というわけでアジア500に入るほどとびっきり美味しいフランス料理を食べに行く。

場所はLa Badiane 家から旧市街のに向かう途中にあるハノイ駅を越えてすぐのところにある。

日本でも稀に経験できないのではないかというくらい大魔族にいただくことができた。 まさかハノイでこんな料理を食べられる日がくるとは思わなかったので、異国にいた気分。

2014.01.03

  dessert / デザート

 dessert / デザート

  Appetizer / 前菜

 Appetizer / 前菜

  main course / 主菜

 main course / 主菜