0071

ハロウィンだ。

思えば去年単身でボストンに乗り込み、いろんな先生に握手をした。その時覚えているのが今一緒に研究している人がどんなに優しく迎えてくれたかだった。一年後に全く違う立場で同じ場所にいることが少し感慨深いが、何にせよ(日本にいる人達も含めて)いろんな人に支えられていると思った。

ハロウィンなので街中に仮装している人が跋扈しチビ達や若い大学生風の人がうきうきお祭り気分で緩んだ表情で和やかだった。

学校は同窓生が自由に出入りできる日でそのために幾つかのグループがデモを先輩に見せて意見を伺っていた。学生の子供もいっぱいいて最上階で学生達の研究をつかったお化け屋敷があったりラボ全体が昨日の30周年記念を二日酔い混じりにゆるやかに楽しんでいるふうだった。みのりのお母さんにラボの中を紹介して彼らはボストンを散策するために一旦はぐれた。そのあと

夜からケンダル駅からひと駅のチャールズMGH駅で降りて、ビーコン・ヒルにて全米で最も古い街の一つであるここでの本場のハロウィンを堪能した。大切にメンテナンスされているけど古いレンガ造りの街なみとハロウィンの装飾がとても似合いさながらディズニーランドのような感じだった。ここも去年コスタスに勧められて一人で散策したが、今年みのりとみのりのお母さんと来ることができた。